配管設備

配管設備

(1)冷水・温水・冷温水配管
  • エア溜りによる流水障害が発生しない様に、配管勾配圧力分布に注意。
  • 配管用炭素鋼鋼管(白)・SGP耐熱性塩ビライニング鋼管・HTLPステンレス鋼管架橋ポリエチレン管

(2)冷却水管
  • 酸化ガス(SOX、NOXなど)によりpH低下現象が生じる為、水質管理が必要。
  • 配管用炭素鋼鋼管(白)・SGP塩ビライニング鋼管ステンレス鋼管

(3)蒸気配管
  • スチームハンマーが起きやすい。
  • 凝縮水(還水)管に腐食が発生しやすい(強アルカリ性)。
  • 必要箇所に、蒸気トラップの設置が必要。
  • 往管圧力配管用炭素鋼鋼管(黒)配管用炭素鋼鋼管(黒)
  • 還管圧力配管用炭素鋼鋼管(黒)ステンレス鋼管

(4)油配管
  • 消防法上の危険物
  • 配管用炭素鋼鋼管(黒)

(5)ドレン配管
  • 勾配が必要
管径勾配
 50A以下1/50以上
 65~100A1/100以上
 125A以上1/200以上
  • 間接排水の場合は、水封トラップが必要。
  • 配管用炭素鋼鋼管(白)、防火上支障が無い場合は硬質塩化ビニル管(VP)

(6)管サイズの表示
呼びA呼びB外径許容差厚さ
61/810.5±0.52.0
81/413.8 〃2.3
103/817.3 〃2.3 
151/221.7 〃2.8 
203/427.2 〃2.8 
25134.0 〃3.2
321・1/442.7 〃3.5
401・1/248.6 〃 〃
50260.5 〃3.8
 ※呼びAは㎜寸法
 ※呼びBはインチ寸法
 ※呼びAも呼びBも、外径をそのまま表していない。

(7)配管回路方式
  • 密閉回路方式:水が大気に開放されない方式。空気の混入による腐食は少ないが、大気圧以下とならないように注意する。
  • 開放回路方式:水が大気開放される方式。空気の購入による腐食が生じ易いので、水処理が必要。

(8)配管方式
  • 二管式:冷水と温水を切り替える方式。
  • 四管式:オールシーズン冷房、暖房が可能(切替自由)。

(9)FCU(Fan Coil Unit)の構成
  • コイル:水熱源の熱交換器。
  • 送風機:コイルに空気を送る。
  • エアフィルタ:塵埃を取り除く。
  • ドレンパン:コイル等の結露水などを受ける。

☆参考
  • 病院は、約30年で改築(統計上では29年強)。
  • 鉄管の使用年限は、約15年。
  • ステンレス管・塩ビ管の使用年限は、約15年~20年。
  • ICUは、約20年で改装(新しい機器が開発される)。

この記事へのコメント