医療ガス設備

医療ガス設備

1.医療ガス設備の目的
  • 安全に確実に供給すること。
  • 代表的なガスは、酸素と吸引。

☆医療ガスの種類と用途及び送気圧
ガス名用途使用機器送気圧力識別色主な設置場所供給装置
 酸素(O2)
吸入療法
人工呼吸療法
酸素吸入器
人工呼吸器
麻酔器
 0.43MPa
外来、放射線
手術室、集中治療室
病室、他
定置式超低温液化タンク(CE)
可搬式超低温液化タンク(LGC)
マニフォールドのガスボンベ
亜酸化窒素
(笑気、N2O)
麻酔麻酔器0.4MPa手術室マニフォールドのガスボンベ
 空気(A)
人工呼吸療法
吸入療法
人工呼吸器
麻酔器
 0.4MPa黄 
手術室、集中治療室
NICU、病室
圧縮空気供給装置
酸素・空気混合装置
吸引(V)
気道内分泌吸引
術野の血液・分泌吸引
各種吸引器
-40~-70kPa
(水封式)
-50~-80kPa
(油回転式)
外来、放射線
手術室、集中治療室
病室、他
吸引装置
 窒素(N2)骨の切削・穿孔空圧ドリル0.9MPa手術室マニフォールドのガスボンベ
二酸化炭素
(炭酸ガス・CO2)
内視鏡下外科手術気膜装置0.4MPa手術室マニフォールドのガスボンベ
麻酔ガス排除(AGS)屋外麻酔ガス排除麻酔器マゼンダ手術室
ブロワー
非治療用空気を用いたイジェクター
酸素は、空気、亜酸化窒素、二酸化炭素よりも0.03MPa程度高くする。
※圧力単位は、MPa。吸引はkPa。


この記事へのコメント