熱源方式

熱源システム ☆コージェネレーションシステム:予備電源 ★法令による設備等の点検法令設備等の点検等の対象点検等の対象点検等の頻度消防法第14条の3の2指定数量の10倍以上の危険物を取り扱う一般取扱所、地下タンクを有する一般取扱所定期点検1年に1回以上高圧ガス保安法第35条、第35条の21日の冷凍能力が20t(フロンガスの場合50t)以上の高圧ガスを用いる冷凍機のうち特定施設1日の冷凍能力が2…

続きを読む

空調設備

空調設備(1)冷暖房機能対象が多岐(患者、健康な人、医療機器)。長期間(一般事務所ビルの2~3倍程度)故障時の被害が大きい。(2)換気設備二酸化炭素、臭気、蒸気、水蒸気、薬品、放射性物資 ※熱源温熱源:加熱の為、熱エネルギーを与える。冷熱源:冷却の為、熱エネルギーを取り去る。 ※熱搬送媒体:熱を運搬する媒体。 ※熱搬送設備:熱搬送媒体を循環させる為に動力を与える。 ☆ボイラー労働安全衛生…

続きを読む

自動火災報知設備

自動火災報知設備発 信 機:歩行距離50m以内に設置。地区音響装置:水平距離25m以内に設置。 ※非常放送設備を設置する場合は、スピーカーで代替。 P型受信機:地区窓表示、600㎡毎のエリア監視。R型受信機:メッセージ表示、伝送方式。 ☆機器点検:1回以上/6か月☆総合点検:1回以上/1年☆報  告:1回/1年(特定防火対象物) 非常警報設備:歩行距離50m以内に設置。 ※(非常ベル、自動…

続きを読む